ビオチンサプリメントの必要性

今人気のビオチンサプリメントですが、ビオチンは人間の体にとってどのくらい必要なものなのでしょうか。ビオチンが体内で欠乏すると、エネルギーの代謝が滞るなど体の各所に影響がでます。皮膚炎や結膜炎、脱毛、知覚異常などがビオチン欠乏の症状です。体内でビオチンが足りなくなると、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの危険性が高くなることもあるそうです。ビオチンのサプリメントを、病気のリスクが高まるといっても、すぐに使用するべきではないようです。普通に健康な人であれば、ビオチンを腸内でしっかりと必要な分だけ作ることができるのです。よほど不健康な食生活や生活習慣でない限り、ビオチン不足の心配はありません。サプリメントを摂取する前にまず自分自身の生活を見直してみたほうが、ビオチン不足になるのは生活習慣や食習慣が元になっている場合が多いので、良いかもれません。煙草の吸いすぎやお酒の飲み過ぎはビオチン不足の原因になることがあります。ほかにはビオチンが作られにくくなることがあるのは、抗生物質を摂ったことによっ腸内環境が一時的に変わってしまった場合です。大腸ではビオチンもその中でつくられていますが、日々たくさんの腸内細菌がつくられたり、死んだりしているそうです。今健康で過ごせているのであれば、頻繁にビオチンサプリメントを使う必要は無いかも知れません。皮膚炎や糖尿病の症状改善のためにサプリメントでビオチンを摂取しているという人もいるようです。

川越 自律神経

Posted: 水曜日, 3月 26th, 2014 @ 10:47 AM
Categories: 美容.
Subscribe to the comments feed if you like. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.